ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災ヘリや消防ヘリなどの相互連絡用の周波数

救助や救急、災害現場の監視などで防災・消防ヘリが活躍しています。消防無線などがデジタル化されているなか、パイロット同士の緊迫した交信内容が聞けるのがヘリコプターの相互連絡用の周波数。防災ヘリや海上保安庁など防災関係機関のヘリコプターが相互に連絡をとっています。



スポンサーリンク
防災ヘリや消防ヘリなどの相互連絡用の周波数

防災ヘリや消防ヘリが飛び交う現場

現場上空に防災ヘリや消防ヘリなどが飛び交っているときは、ヘリコプターが相互に連絡を取る専用の周波数にも注目しましょう。122.600MHz(AMモード)が使われます。

海保ヘリ「広島消防ヘリ、こちらは海上保安庁JA987A、現場上空、貴機の4時方向です」
消防ヘリ「JA987A、こちら広島消防JA99FD です。現在この付近で行方不明者捜索中ですが、発見に至っておりません」
海保ヘリ「了解しました。こちらは防波堤の西側捜索にあたります」

防災関係機関のヘリコプターが、お互いに飛んでいる位置や状況を知らせることで、安全で効率的な活動をしています。

また、現場付近に臨時のヘリポートが開設された場合、離着陸を統制するための周波数として、123.450MHz(AMモード)を使用。大規模な山火事で隣県から応援のヘリコプターが飛来した場合、この周波数を聞くと活動状況がある程度分かります。

防災・消防ヘリのヘリテレ連絡波

防災・消防ヘリの装備の1つに、ヘリコプターテレビ電送システムがあります。機外に付けられたカメラの映像を地上の消防本部や現場の可搬型受像装置に送るのですが、この連絡用として380~390MHz帯に専用の周波数が割り当てられています。

映像電送のための連絡を行う周波数で使用頻度も決して高くなく、現場の詳細な状況が分かるものではありませんが、広範囲で聞けるアナログ波です。

このヘリテレ連絡波と呼ばれる無線には、4波の割当てがあり、すべて単信式で運用されます。主運用波が道県、消防組織ごとに1波決められていますが、状況によっては混信に配慮して別の周波数を使用できます。

使用期限は定められていませんが、映像を衛星経由で電送するヘリサットのみを搭載する機体もあり、今後はこちらが増加するものと見られます。映像機材の更新に伴って、ヘリテレ連絡波は自然消滅する存在なのかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2016年3月号に掲載されていました。(文/長岡翔太郎)

■「消防ヘリ」おすすめ記事
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
消防ヘリの活動状況がわかるカンパニーラジオ

■「消防士」おすすめ記事
消防無線は組織の運営が違っても運用方法は同じ
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
防災訓練の消防防災ヘリが使用する周波数とは
デジタル無線の導入で聞ける消防無線が急増中
消防無線はアナログ波の署活系でデジタルを聞く

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事