ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防刃ベストが軽量化!日常着としても着用可能

治安の悪化が不安視されて久しい現在、己の身にいつ災難が降りかかるか分かりません。普段使いが可能な頼りになるアイテムを紹介しましょう。なかでも注目は、斬りつけられても被害を最小限に抑えてくれる防刃ベスト。軽量化に成功した防刃ベストはいまや日常着としても着用可能です。



スポンサーリンク
防刃ベストが軽量化!日常着としても着用可能

防刃ベストは西陣織の技術で軽量化

刃物から身を守ってくれるのが防刃ベストです。従来商品は重くて厚みがあり、日常着としては不向きでした。

しかし、この「セーフティベスト」は耐刃性の高い「ポリエチレン繊維」を生地に使用しています。さらに、防刃ベストは西陣織の技術で軽量化にも成功。スーツの下に日常着として着用可能です。

防刃ベストのサイズは、Mサイズで肩幅36×バスト99×着丈56cm、重さは450g。Lサイズで肩幅37×バスト103×着丈57cmで、重さは460gとなっています。実勢価格は39,086円、LL・3Lサイズは41,143円です。

防刃ベストを日常着として着用する

実際に防刃ベストを着用してみると、軽量で違和感なし。着用時の厚みもなく、普通のベストと変わりません。

また、防刃ベストの生地として使用されているポリエチレン繊維をカッターナイフで斬りつけてみます。すると、まったく破れることのない防刃力でした。

防刃ベストを日常着として着用していれば、万が一暴漢に刃物で襲われても、致命傷は避けられるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年3月号に掲載されていました。

■「護身グッズ」おすすめ記事
催涙スプレーの噴射性能を実際に試してみた!!
催涙スプレー付きアラームライトの威力を検証
催涙スプレー付きシールドが窓口に置かれている
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
催涙スプレーは防塵マスクでないと防ぎきれない
防犯ブザーに電撃ショックが付いた護身グッズ
特殊警棒に催涙スプレーを仕込んだ進化系グッズ
護身用に使える防刃グローブはナックル部が違う
さすまたのアームが動けば壁がなくても捕獲可能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。