ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

非常持ち出し袋に追加したい3大必需品とは?

非常持ち出し袋はセットで購入するのがお手軽です。必要最小限のアイテムを一気に取り揃えられます。しかし、非常持ち出し袋にはどうしても加えておきたい3大必需品があります。なかでもラジオとマルチツールは、機能や性能にこだわりたいところ。そこでおすすめアイテムを紹介します。



スポンサーリンク
非常持ち出し袋に追加したい3大必需品とは?

非常持ち出し袋の追加アイテム

非常持ち出し袋セットの内容、特にラジオやマルチツールに満足できない方も多いでしょう。買い替えや追加するなら、ぜひ候補に入れてほしいアイテムを紹介します。

感度良好の手回し充電ラジオがパナソニックの「RF-TJ10」です。デジタルチューニングで感度良好。ハンドルが安定していて回しやすいのも特徴です。汎用性の高いUSB出力ポートを装備しています。

手回し充電ラジオの受信周波数は522~1629kHz/76.0~90.0MHzです。サイズは140W×54H×52Dmmで、重さは254g。実勢価格は2,680円です。

非常持ち出し袋にナイフは必要

切る・削る・回すが1本で実現するマルチツールが、LEATHERMANの「JUICE S2」。プライヤー、ワイヤーカッター、ドライバーなど12機能を装備しています。

サイズは82W×32H×13Dmmで、重さは131g。普段の携行は難しいですが、非常持ち出し袋にはナイフは必要な装備といえるでしょう。実勢価格:9,680円です。

380リットル分の浄水力を誇るのが、セイシェルの「サバイバル+」。大腸菌、コレラ、農薬廃水、セシウムなどの不純物を99%以上除去できます。

その性能はトイレのタンク水もゴクゴク飲めるほど。サイズはφ80×228Hmmで、重さは130gで、実勢価格は6,400円です。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「非常持ち出し袋」おすすめ記事
非常持ち出し袋は「袋」が多機能かで選ぶとよい

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
土嚢ならコンパクトに保管できるアクアブロック
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
簡易トイレは折り畳みできるパイプいす型が便利
非常食を最小限の装備でホカホカで食べる方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事