ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サバイバルグッズの決定版!水に浮く布団&枕

サバイバルグッズの決定版ともいえる、水に浮く布団と枕が開発されています。東日本大震災では、多くの命が津波で失われました。突然襲ってきた想定外の大津波を前に、逃げ遅れた高齢者や要介護者も多く、それを教訓に新たな発想のサバイバルグッズが開発されています。



スポンサーリンク
サバイバルグッズの決定版!水に浮く布団&枕

サバイバルグッズになる布団と枕

サバイバルグッズの決定版ともいえるのが、就寝中に津波が来てもそのまま浮く布団&枕。NAテックの「SAVING FLOATER」と「SAVING PILLOW」です。

軽く防水性に優れ、衝撃への強さなどを併せ持つ化合物ポリオレフィンを100%中に詰めた「SAVING FLOATER」と「SAVING PILLOW」。布団は体重100kgの人でも72時間水に浮き、枕はライフジャケット並の浮力を持ちます。

このサバイバルグッズなら就寝中に津波に襲われても安心。実際に寝てみると、布団と枕はビーズ入りで気持ちよい感触です。

サバイバルグッズが水に浮くか実験

実際に、このサバイバルグッズが水に浮くかを海で実験しました。被験者の体重は75kg。難なく水面に浮くことができました。

水面では、持ち手を握ると安定して浮ける構造。この持ち手を握って布団をかぶれば、落下物から頭や体を守ることもできるのです。

「SAVING FLOATER」のサイズは100W×200Dcmで重さは2.5kg。実勢価格は43,200円です。「SAVING PILLOW」のサイズは35W×50Dcmで150g。実勢価格は5,378円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
土嚢ならコンパクトに保管できるアクアブロック
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
クリアケースが強度抜群のヘルメットに早変わり
簡易トイレは折り畳みできるパイプいす型が便利
非常食を最小限の装備でホカホカで食べる方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。