ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

避難所でも快適に過ごすための便利アイテム大集合

大地震や噴火など大災害で、しばらく避難所生活を余儀なくされることがあります。心身ともに疲弊しているのに、固い床の上で絶えず他人の視線にさらされ続けるのです。ストレスが溜まっていき、徐々に苦痛になるでしょう。そこで、避難所でも快適に過ごすための便利アイテムを集めました。



スポンサーリンク
避難所でも快適に過ごすための便利アイテム大集合

避難所で一瞬で設営できるテント

まずは自分だけの空間を作る「ワンタッチテント」。パーティションさえない避難所もあるので、一瞬で設営と撤収ができるテントは重宝します。実勢価格は4,860円です。

ワンタッチテントは収納袋から取り出すと、フレームの弾性でほぼ自動でテントが設営可能。2~3回の試行で収納もカンタンにできるようになります。サイズは245W×105H×145Dcm、収納時はφ77cm。重さは約2.6kgです。

首や肩が痛くならない「うつぶせ寝クッション2」もおすすめ。うつぶせで何時間でもマンガやスマホを楽しめるでしょう。

避難所で周囲に配慮できるライト

うつぶせ寝クッションは両手がフリーになるので、スマホなどのキーボード入力も楽勝。背もたれにも使えます。サイズは350W×350H×480Dmmで、重さは約1.7kg。実勢価格は4,980円です。

「エアベッドオート100」は電動ポンプ付きで2分で完成。すぐにフワフワになって寝っ転がれます。吸い出しもOK。空気を抜くとコンパクトに収納できます。電動ポンプは3種類のノズルを付属しています。実勢価格は7,020円です。

「パックライト12」は電源不要で、ソーラー充電による満充電で最大12時間点灯します。半透明ポリウレタンで光を拡散しないので、避難所で周囲に配慮できる柔らかい光です。実勢価格3,672円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
土嚢ならコンパクトに保管できるアクアブロック
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
簡易トイレは折り畳みできるパイプいす型が便利
非常食を最小限の装備でホカホカで食べる方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。