ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヘッドランプはワルサー!電池の使い分けが可能

夜間の作業や移動で両手をフリーにしてくれるヘッドランプは、災害時のマストアイテムといえるでしょう。ただし、ヘッドランプの性能は使ってみなければわかりません。暗闇をムラなく照らす性能が求められます。そんなヘッドランプのおすすめが有名な銃器メーカーの製品です。



スポンサーリンク
ヘッドランプはワルサー!電池の使い分けが可能

ヘッドランプで電池の使い分けが可能

ヘッドランプのおすすめは「ワルサーP38」でおなじみのWALTHER製「HL11」。ヘッドランプでは珍しく電池の使い分けが可能で、災害に強い製品といえます。

実際に照射してみると、ムラのないきれいな配光。ハイパワーの18650形リチウムイオン充電池や入手容易な単4形乾電池などが選べます。

サイズは87W×66H×37Dmmで、重さは150g。電源は単4形乾電池×3本/CR123×2/IMR18350となっています。実勢価格:11,016円です。

ヘッドランプが超軽量&コンパクト

もう1つ、樹脂製で超軽量&コンパクトボディと、常に持ち歩きたいヘッドランプがNITECOREの「T360」です。小さくてもMAX45ルーメンの明るさで照射します。

軽いのでさまざまなものに装着できるのも魅力。ヘッドバンドに通さず、クリップライトとして服に装着したり、書類に挟んでブックライト的にも使えます。

サイズは58.7W×24.2H×12.4Dmmで、重さは約20.6g。電源はmicroUSBによる充電です。実勢価格は2,624円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。(文/HATTA・アカリセンター)

■「ヘッドランプ」おすすめ記事
ヘッドライトのLEDはルーメンより配光で選ぶ

■「ワルサー」おすすめ記事
フラッシュライトをワルサー社が作るとこうなる

■「LED」おすすめ記事
LEDとは?特性を知ってLEDライトはセレクトする
ルーメンとは?LEDライトの明るさを理解しよう
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
LEDライトは中華メーカーが個性的でおもしろい
LEDライトおすすめは5千円以下なら閃シリーズ
LEDライト最強!1km先を照らす遠方照射モデル
LEDランタンは明るさと照射時間の長さで選ぶ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。