ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LED懐中電灯は消防士仕様の本格派を選ぶべし

LED懐中電灯は防災グッズの定番ともいえるアイテム。それだけに、LED懐中電灯は本格仕様のものを用意しておきたいところです。まず紹介するのは、アメリカの消防士が携帯する充電型ライト。もう1つは、小型サイズにもかかわらず暗闇を明るく照らせるLED懐中電灯です。



スポンサーリンク
LED懐中電灯は消防士仕様の本格派を選ぶべし

LED懐中電灯で煙の中を照射する

アメリカの消防士が携帯する最も新しい充電型ライトがSTREAMLIGHTの「サバイバー」です。特徴はその配光。スモークカッターフィルターを装着すると、完全なビーム状の光で煙を貫く性能を備えています。

スモークカッターは2種類。アンバー、ブラックの順で効果が強くなります。LED懐中電灯として用意しておけば、煙の中でもノングレアで光を照射できるというわけです。

サイズは72.4W×179.2H×72.9Dmmで、重さは約386g。電源は専用リチウム充電池/単3形乾電池×4本となっています。実勢価格はLED懐中電灯にはやや高めの31,860円です。

小型で明るい人気のLED懐中電灯

全長61mmでMAX500ルーメンという明るさを誇るのが、OLIGHTの「S1 BATON」。小型で明るく人気No.1のLED懐中電灯です。しかも3段階で調光できるため、燃費重視の使い方もできます。

LED懐中電灯を実際に使ってみると、サークル状のややスポットな配光。ストロボ点滅や3分・9分後に消灯するタイマー機能もあります。テールキャップにマグネットを装備し、鉄製品に貼り付ければハンズフリーで作業OKです。

このLED懐中電灯のサイズはφ20 ×61Hmmで、重さは約30g。電源はCR123A×1本/16340×1本となっています。実勢価格は6,264円です。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。(文/HATTA・アカリセンター)

■「LED懐中電灯」おすすめ記事
LEDとは?特性を知ってLEDライトはセレクトする
ルーメンとは?LEDライトの明るさを理解しよう
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
LEDライトは中華メーカーが個性的でおもしろい
LEDライトおすすめは5千円以下なら閃シリーズ
LEDライトおすすめ価格帯はホットな1万円以下
LEDライト最強!1km先を照らす遠方照射モデル
ヘッドライトのLEDはルーメンより配光で選ぶ
ヘッドライトLED化の格安キットを取り付けた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。