ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワンクリック詐欺に遭ったらスマホでも無視する

ワンクリック詐欺による不正請求の舞台は、パソコンからスマホへ移行しています。そもそもスマホをターゲットにしたスマホのワンクリック詐欺が発覚したのは2011年にさかのぼります。ワンクリック詐欺の手口を見ていくとともに、詐欺に遭ったらどうするかの対策も紹介します。



スポンサーリンク
ワンクリック詐欺に遭ったらスマホでも無視する

ワンクリック詐欺の同意/不同意

ワンクリック詐欺の犯罪者は、スマホ用のメールアドレスにスパムメールをまず送信。記載されたリンクをクリックすると、ブラウザが起動してアダルトサイトを表示されます。

ワンクリック詐欺のサイトには利用規約と、同意/不同意のチェックボックスが用意されており、デフォルトでは同意にチェックされています。しかし、不同意であっても動画を再生することは可能です。

サイトに登録されると、IPアドレス、ブラウザ情報、会員IDなどが表示されます。加えて3日以内に55,000円を支払うよう要求されるのです。

登録画面を閉じると、運営者側がユーザーの端末データを保存したことを確認する画面が表示。支払い期日、利用期間などを表示した会員ページが与えられます。退会処理も用意されていますが、何度行っても失敗して退会できません。

ワンクリック詐欺はスマホでも無視

ただし、そのまま放置しておいても、ワンクリック詐欺は特に問題ナシ。これはユーザー心理を利用した、従来のワンクリック詐欺と同様の手口です。今後さらなる手口の進化も考えられるだけに、スマホの利用時にはワンクリック詐欺に遭わないように注意しましょう。

ワンクリック詐欺に関しては、パソコンでもスマホでも犯罪者側からの執拗な督促があっても無視することが何よりの対策。指定口座への入金や業者への連絡は行ってはいけません。

また、不正アプリによるワンクリック詐欺もあるため、不正なアプリは絶対にインストールしないという心構えが必要です。「提供元不明のアプリをインストールしない」という設定を、事前にスマホ側でオンにしておきましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ワンクリック詐欺」おすすめ記事
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
ワンクリック詐欺ならぬフォークリック詐欺とは

■「詐欺」おすすめ記事
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事