ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器の種類によっては室内音を永久に垂れ流す

小型マイクで密かに会話を集音して、集めた音声を電波で飛ばすのが盗聴器の基本的な仕組みです。正しくは電波式盗聴器と呼呼ばれます。電波式盗聴器は古くから存在し、種類が豊富です。現在は電源方式と外観の形状によって分類しています。盗聴器の種類と特徴を見てみましょう。



スポンサーリンク
盗聴器の種類によっては室内音を永久に垂れ流す

盗聴器のAC電源式は半永久的に動作

電波式の盗聴器は、電源方式で分けると「電池式」と「AC電源式」になります。電池式は設置場所の自由度が大きいものの、電池の持ちは長くて1週間。定期的な電池交換が必要です。AC電源式は半永久的に動作します。

また、盗聴器は外観の形状で分けると「ボックス型」と「偽装型」に分類可能。それぞれの盗聴器の種類をさらに詳しく見ていきましょう。

ボックス型の電池式盗聴器は、少し厚めの100円ライターサイズの内部に、単3~5形乾電池や006P型電池を収めた構造。付属の15cm程度のワイヤーアンテナを装着すると送信範囲が格段に拡大します。

盗聴器はタコ足配線に仕掛けられる

ボックス型のAC電源式は、壁面にあるコンセント内部や家電内に仕掛けるタイプ。2つのミノムシクリップをACラインにはさみ込んで受電します。設置に時間がかかるのの、発見される可能性はかなり低い盗聴器です。

偽装型の電池式盗聴器は、電卓や置き時計といった電池で動作する機器の内部に、盗聴器が仕込まれるのが定番でした。最近は、電池の小型化でペンへの擬装も可能になるなど、ありとあらゆる製品に擬装されています。

偽装型のAC電源式は、コンセントに挿すだけで動作する三叉式ソケット型が有名。テーブルタップ型もあります。タコ足配線になっているテレビの裏などに仕掛けられるケースが多い盗聴器です。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器の種類」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事