ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

お宅は大丈夫?盗聴器が仕掛けられる意外な場所

室内の音声を拾うことが目的の盗聴器は、電池式ならそれこそ部屋中どこにでも設置可能です。とはいえ、音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると設置場所は絞られてきます。一般家庭、オフィス、ラブホテルと盗聴器が仕掛けられる場所をシチュエーション別に紹介しましょう。



スポンサーリンク
お宅は大丈夫?盗聴器が仕掛けられる意外な場所

盗聴器の設置場所は集音性を重視

夫婦の浮気から遺産相続など、骨肉の争いが絶えないのが一般家庭。仕掛ける側も家に出入りするので、時間をかけてAC電源式の盗聴器をセットできます。また、電池式でも電池交換が可能です。

AC電源式をコンセントの裏側にセットされると、ほぼ発見されることはありません。テレビの裏側に三叉ソケットやテーブルタップ型の盗聴器を仕掛けるのもよくあるケースです。

電池式の盗聴器は集音性を重視して仕掛けられるもの。照明器具の上やエアコンの上などが仕掛けられやすい場所です。アパートなどの場合、部外者が外から新聞受けの中に設置。定期的に電池交換する場合もあります。

盗聴器がオフィスに仕掛けられる

オフィスに盗聴器が仕掛けられる場合、産業スパイのような社外の人間が仕掛けるのではなく、社内の人間が行うケースが多いのが特徴。人間関係、労使問題、内部告発など、企業も多くの問題を抱えているからです。

とくに会議室は出入りが自由なので、盗聴器が仕掛けられやすい場所。机の裏側などに電池式を仕掛けても、電池交換も盗聴器の回収も可能です。額縁の裏側など古典的な手法もよく使われています。

愉快犯に狙われ続けるのがラブホテルの客室。1人で部屋に入り、時間をかけて入念にAC電源式を仕掛けていきます。特に危険なのが、ベットの操作パネル内部。AC電源式を仕掛けてしまえば、半永久的に音声をまき散らすのです。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事