ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneを盗聴器にするアプリは無音をカットする

iPhoneは自動録音アプリをセットするだけで盗聴器に早変わりします。とはいえ、無闇に録音していても、ムダにメモリーとバッテリーを浪費するだけです。そこで活用したいのが、音声を感知しているだけ録音をするVOX機能。これでiPhoneがVOX機能付きの盗聴器になるのです。


スポンサーリンク
iPhoneを盗聴器にするアプリは無音をカットする

iPhoneが盗聴器になる録音アプリ

自動録音アプリ「ALON Dictaphone」は、音声を感知している間だけの録音が可能です。このVOX機能をオンにしておくと、メモリとバッテリーの消費を抑えながら周囲の音を録音できます。価格は600円です。

この自動録音アプリは周囲の音声をWAV/MP3形式で、高音質で保存します。無音部分はカットできるため、ムダがなく聞き返すのも楽チンです。クラウドへのアップロードする機能もあります。

盗聴器というと、電波で室内の音声を勝手に送信するイメージが浮かぶものです。しかし、こういった自動録音アプリをセットしたiPhoneを部屋にセット。あとから録音した音声を再生すれば、立派な盗聴器になるのです。

iPhoneを盗聴器のように使う方法

さっそく、無音カット機能を有効にしてiPhoneを盗聴器のように使う方法を見ていきましょう。まずは無音カット機能の設定からです。アプリの設定画面を開き、「詳細設定を開く」をタップします。

この画面で「無音時は録音しない」をオンにして、スライダーで録音ボリュームを決めます。あとは録音ボタンをタップすれば録音がスタート。無音時は、録音が自動的に停止します。

こうしてアプリをセットしたiPhoneを会社のデスクの上に設置しておくと、自分が席を外している時の会話が録音できるというわけです。iPhoneがVOX機能付きの盗聴器風に使えます。(文/中谷仁)

■「iPhone盗聴器」おすすめ記事
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

■「盗聴アプリ」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事