ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器を発見するときは117の時報を流し続ける

自分の部屋に「盗聴器があるかもしれない」と感じたら、受信機を使って発見をしましょう。ハンディ受信機の中には盗聴器発見機能を搭載している機種があり、室内に仕掛けられた盗聴器を探し出すことに特化しています。このとき、盗聴器を発見するためには117の時報を流し続けるのが基本です。


スポンサーリンク
盗聴器を発見するときは117の時報を流し続ける

時報を流して盗聴器を発見する

ハンディ受信機の中には「盗聴器発見機能」を搭載した製品があります。この機能は室内に仕掛けられた盗聴器を探し出す機能です。そこで、実際に盗聴発見機能を搭載したハンディ受信機「DJ-X81」を使って盗聴器を探してみましょう。

最初に、盗聴器の電波として使用実績のある周波数をプリセットしたバンクをスキャン。室内に飛び交う盗聴器の電波をキャッチします。この際、117番の時報に流し続けておくことを忘れてはいけません。

盗聴器は室内の音声を電波で送信する装置。受信した電波を聞き分けるためには無音より、室内音があったほうが聞き取りやすくなります。なかには、音声反応式の盗聴器も存在。それを動作させる意味もあるわけす。

室内での盗聴器の発見方法は2種類

さらには、盗聴器には電話機や電話回線上に仕掛けるタイプもあります。通話が始まると電波を送信し、電話が切れると電波も切れる仕組みです。電話盗聴器を動作させるため、117の時報を流し続けるわけです。

この時点で盗聴器の電波をキャッチしていなければ大丈夫。安心して下さい。もし、キャッチしていた場合、室内のどこかに盗聴器が仕掛けられていることになります。

DJ-X81による室内での盗聴器の発見方法は、受信機から発した信号音を盗聴器に拾わせる「SOUND」モードと、ハウリングを使用する「SILENT」モードの2種類。どちらかをセットして盗聴器の設置場所まで迫っていきます。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事