ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器の種類は目的によって3タイプが使われる

超小型のマイクで室内の会話を集音したり、電話の会話をアナログ方式の電波に乗せて発射するのが盗聴器。その電波を離れた場所で受信することで、室内の会話や電話での会話が筒抜けになるのです。盗聴器の種類は目的によって3タイプ。電源方式によって分類することができます。


スポンサーリンク
盗聴器の種類は目的によって3タイプが使われる

電池式盗聴器は設置の自由度が高い

いわゆる盗聴器は、消しゴム大の黒い箱型の「電池式」がよく使われます。内部に単3形か単4形乾電池×2本や9Vの006P型電池を収納。設置場所の自由度が高く、付属する15cm程度のアンテナを取り付けると飛躍的に電波が飛びます。

電池式には、電卓やボールペン、卓上時計など、机の上にあっても違和感のないグッズの内部に盗聴器が組み込まれている偽装タイプも存在。盗聴器は擬装品の電池を拝借して、隠れ蓑にしているグッズは正常に動作します。

最近では、三又ソケットや電源タップ型の盗聴器もよく見られます。このタイプが「AC電源式」です。AC電源式の偽装タイプにあたり、三又式ソケットとして機能する製品の内部に、盗聴器の基板が入っています。

AC電源式盗聴器はコンセント裏

AC電源式は、コンセントの裏側に仕掛けられることもあります。黒い箱型の盗聴器本体から出ている2つのミノムシクリップを、AC電源ラインに挟み込んで寄生します。一度仕掛けられると、なかなか見つけるのが難しいタイプです。

「電話回線式」は、電話回線を流れている直流電圧から電源を確保。電話が始まると通話を電波で飛ばし、電話を切ると電波も切れる仕組みです。モジュラーケーブルの中継器の形状をした偽装タイプも存在します。

「電池式」は電池交換が必要なため、仕掛けるのは頻繁にその部屋に出入りができる人。一方の「AC電源式」は半永久的に電波を発射するため、その部屋への出入りが制限されている人が仕掛けます。「電話回線式」をあえて仕掛けるのは、相手も含めた通話内容が知りたい人ということです。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事