ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

受信機の盗聴器発見機能で実際に場所を特定した

自分の部屋に「盗聴器があるかもしれない」と感じたら、受信機を使って調査するとよいでしょう。ハンディ受信機の中には盗聴器発見機能を搭載している機種があり、室内に仕掛けられた盗聴器を探し出すことに特化しています。受信機の盗聴器発見機能で実際に仕掛けられた場所を特定してみました。


スポンサーリンク
受信機の盗聴器発見機能で実際に場所を特定した

盗聴器発見機能を搭載した受信機

ハンディ受信機の中には「盗聴器発見機能」を搭載した製品があります。この機能は室内に仕掛けられた盗聴器を探し出す機能です。今回はアルインコの「DJ-X81」の盗聴器発見機能を使ってみます。DJ-X81は3万円弱で購入可能です。

盗聴器発見機能の使い方は、最初に盗聴波として使用実績のある周波数をプリセットしたバンクをスキャン。室内に飛び交う盗聴波をキャッチします。この際、音声反応式の盗聴器を動作させるためにテレビを点けたり、電話盗聴器を動作させるために117番の時報に電話をつないでおきます。

盗聴器発見機能の動作はMONIボタンを押しながらメインダイヤルの長押し。すぐに盗聴波の周波数をスキャンして、部屋に盗聴波がないかチェックします。

室内での盗聴器発見方法は2種類

この時点で盗聴器の電波をキャッチしていなければ大丈夫。盗聴器は仕掛けられていないと考えられます。ただし、今回はスキャンによって、399.455MHzの盗聴波がヒット。室内のどこかに盗聴器が仕掛けられていることになります。

室内での盗聴器発見の方法は2種類。ハウリングを利用して探す「SILENT」モードと、DJ-X81が発したピー音を盗聴器に拾わせて距離を詰めていく「SOUND」モードがあります。今回は「SOUND」モードを利用しました。

すると、断続的だったピー音がピィ、ピィ、ピィと間隔が狭まり、盗聴器に近づいていることを教えてくれます。同時にディスプレイでは右から左に向かうバーが長くなり盗聴器への接近を表示。部屋の角にあるコンセントにささった三叉コンセント型の擬装盗聴器を発見できました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事