ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴器になるアプリの手口を知っておく

近年、盗聴という行為のハードルが下がっています。とくにスマホを使った多様な盗聴が非常に増えているのです。各キャリアでかけ放題プランも始まり、通話料金を気にしなくていいという利点は、スマホでの盗聴行為をさらに容易にしました。スマホが盗聴器にしてしまうアプリに注意しましょう。


スポンサーリンク
スマホが盗聴器になるアプリの手口を知っておく

遠隔操作アプリを入れると盗聴器

スマホに遠隔操作アプリを入れることで盗聴は可能になります。遠隔操作アプリとしてよく知られている「Cerberus(ケルベロス)」は、そもそも盗難されたスマホを追跡するためのものです。

このため、写真を撮影したり、周囲の音が録音できたりします。これを盗聴に活用するわけです。しかし、遠隔操作アプリを導入するには手作業が必要です。そのため、内部の人間や近い人間など実行できるのは限られます。

子ども向けのスマホを盗聴器として使用するケースもあります。子ども向けのスマホには自動着信機能が付いているからです。自動着信を設定しておくと、着信すると自動的に周囲の音を拾うハンズフリー通話状態になります。

自動録音アプリでスマホを盗聴器化

ただし、着信音が数秒鳴るのでスピーカーの配線をカットするのです。ちなみに古い機種は無音で自動着信したため無改造で盗聴器化できたといいます。とはいえSIMカードから足がつきやすく、近い人間にしか実行は難しいでしょう。

自動録音アプリもスマホを盗聴器化する手口。なかには、周囲で音がする時だけ録音する機能があるアプリもあります。無音時はすべてカットするので空き容量をムダに消費しません。自分がいない時の周囲の会話を手軽に把握できるわけです。

スマホに自動応答アプリを入れて盗聴する手法もありました。ターゲットのスマホに導入しておけば、勝手に電話に応答。スマホが盗聴器のように使えていました。ただし、Android5以上ではOSが自動応答させない仕組みになっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事