ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴器になってしまう寝言の録音アプリ

ICレコーダーも使い方次第では盗聴器になります。机の下にこっそりセットすれば、会話を盗み聞きできるというわけです。その意味で、スマホも自動録音アプリがあれば盗聴器になってしまいます。そこで注目は、自分の寝言を録音するためのアプリ。スマホがVOX機能付き盗聴器になってしまうのです。


スポンサーリンク
スマホが盗聴器になってしまう寝言の録音アプリ

スマホをVOX機能付き盗聴器に

「Sleep Talk Recorder」は自分の寝言を録音するために作られたアプリです。しかし、音がした時のみ録音される仕組みになっているため、スマホをVOX機能付き盗聴器のように使えます。

利用方法は録音の感度を調整して「有効にする」をタップ。これで録音が始まるので、あとは目立ちにくい場所にスマホを隠しておけばOKです。もし、音が録音されていないようなら感度を高めに設定してみます。

具体的に「Sleep Talk Recorder」を録音を始める手順を見ていきましょう。最初に録音設定を開いて「フィルター」のチェックを外します。また、環境に合わせて感度も調整してください。

不要なスマホが簡易盗聴器に変身

画面下の「有効にする」をタップして録音開始です。あとは目立ちにくい場所にスマホを置いておくだけ。録音が終わったら「無効にする」をタップします。不要なスマホが簡易盗聴器に変身するというわけです。

自動録音された音声を確認する方法も簡単。上部にあるメニューの三角ボタンをタップして録音データを選択。プレーヤーが開くので、録音された音声を再生して確認します。

残しておきたい音声は、シェアボタンからメールやクラウドストレージに送ることも可能です。録音データはWAV形式なのでPCに送って管理することもできます。アプリはiOS/Android版とも無料で入手可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事