ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

USBマウスは盗聴器や小型カメラかもしれない

盗聴器や小型カメラは、あらゆるものに仕込まれている可能性があります。なかでもUSB接続タイプのマウスなど、電源供給を受けながら稼働するタイプの製品には注意が必要でしょう。自席や隣席の机の上に何気なく置かれているUSBマウスは、もしかしたら盗聴器や小型カメラかもしれません。


スポンサーリンク
USBマウスは盗聴器や小型カメラかもしれない

USBマウスがUHF帯電波を発信

自分が席を外している間に社内でどんな会話がなされているのか。管理職なら特に気になるものです。そんな人のために用意されているのが、防犯対策ネットのマウス型の発信機「CP-1」です。

CP-1は、PCなどとUSBで接続するだけでUHF帯の電波を発信。電源をUSBから供給し、半永久的に使えます。受信機で周波数を合わせれば、周囲の様子が手に取るように分かるでしょう。

マウスの裏面を見てみると、Ach(398.605MHz)と表記。他にBch(399.455MHz)のタイプもあります。サイズ/重さは62W×40H×117Dmm/113g。実勢価格は34,560円となっています。

USBマウスはPCがオフでも撮影

USBマウスに小型カメラが仕込まれている場合もあります。匠ブランドの「Dual」はマウス型の小型カメラ。PCに接続すれば実際にマウスとしても使えるだけでなく、1,200mAhのバッテリーを搭載しPCがオフの状態でも稼働します。

会議や商談の証拠撮り用に、終業後にはデスク周辺の監視用としても力を発揮。動体検知機能をオンにすれば、不審者が近づいた時だけ撮影することも可能です。画質はフルHDに対応しています。

カメラレンズは本体右側面に装備。解像度は1920×1080ドット(30fps)で保存形式はAVI、内蔵メモリは8Gバイトです。サイズ/重さは57W×105H×36.4Dmm/97g。実勢価格は14,904円となっています。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見器を使用するための心得4か条とは
盗聴調査でクルマのクラクションを鳴らす理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事