ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器がインターチェンジ付近で探しにくい理由

高速道路のインターチェンジ付近はラブホテルのメッカ。盗聴器はラブホテルに仕掛けられることも多いため、盗聴器の発見ポイントとして外せない場所の1つです。ただし、インターチェンジ付近のラブホテル周辺で受信機のスキャンが盗聴器の電波で止まっても、慎重に受信しなければなりません。


スポンサーリンク
盗聴器がインターチェンジ付近で探しにくい理由

盗聴器をインターチェンジで発見

盗聴器の電波を発見する上で避けて通れない場所があります。それは、高速道路のインターチェンジ付近にあるラブホテル街です。

街から離れた所にあるインターチェンジの周辺は、風俗営業法の適用を受けるラブホテルが建てやすい立地。なので、全国的にインターチェンジ付近には、ラブホテル街が存在しているのです。ただし、盗聴器の発見には厄介な面があります。

というのも、2005年9月末までは日本道路公団が高速道路を管理しており、沿線には383MHz帯のアナログ無線が割当てられていました。UHF帯盗聴器の3波(398/399MHz帯)とは周波数が離れていたため、影響を受けることなくインターチェンジ付近のラブホテル街で盗聴器の発見ができたのです。

盗聴器発見と早合点しないこと

ところが、日本道路公団がNEXCO3社に分割民営化されると、399MHz帯のデジタル無線に変波。同一周波数帯になったUHF帯盗聴器の電波3波は、インターチェンジ付近での発見に支障が出るようになりました。地域によって、399.455MHzはデジタル波の399.4500MHzにつぶされてしまったのです。

特に長いモービルアンテナ+ハンディ機の組み合わせだと、電波を強力に受けてしまい、ヤワなハンディ機は不正な受信に見舞われて、ノイズまみれになることもあります。

このため、インターチェンジ付近のラブホテル街で、UHF帯盗聴器の3波でスキャンが止まっても発見できたと早合点しないこと。ハンディ機用のアンテナに付け替えるなどして、慎重に受信する必要があるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事