ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クラクションを利用した盗聴器の発見方法とは?

誰かが悪意を持って個人の情報を得るために仕掛けるのが盗聴器。盗聴器の電波が強く受信できたら、今度はさらに盗聴器の発信源を絞り込んでいきます。そのときに活用すべきは周囲の環境の変化やクラクション音。プロも実践しているという盗聴器の発見方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
クラクションを利用した盗聴器の発見方法とは?

大型車を使った盗聴器の発見方法

街の中で盗聴器の電波を強く受信できる場所が分かったら、そこから1歩進めて、今度は盗聴器が仕掛けられている場所を探し出していきます。周囲の環境を利用した調査方法や、音を利用した攻めの盗聴器の発見方法を伝授します。

トラックやバスが横切った瞬間に、盗聴器の電波が途切れることがあります。これは大型車の車体が盗聴器の電波を遮ったからです。つまり、盗聴器の発信場所は大型車が横切った方向から飛んで来ていることになります。

ただし、この盗聴器の発見方法の逆は必ずしも成立しません。大型車とスレ違った時に電波が途切れなかったといっても、その方向から飛んで来ていないとは断言できません。盗聴器がビルの高層階に仕掛けられていた場合、電波はトラックを飛び越えるからです。

クラクションの盗聴器の発見方法

すなわち、大型車を使った盗聴器の発見方法は電波が途切れた時にだけ使えるテクニックということ。途切れなかった場合は、受信場所を変えて複合的に判断しなければなりません。

感度の良いアンテナで受信していると、Sメーターはフルスケール。少し動いたくらいでは変化しないので、盗聴器の設置場所の検討がつきません。そんな時はクルマのクラクションを鳴らしてみましょう。

受信機から聞こえたクラクションの音量から盗聴器との距離感がつかむ発見方法です。ただし、クラクションを鳴らす駐車車両は、かなり目立つので多用できません。また夜間は絶対に控えるべきでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事