ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見では緊急車両のサイレン音は救世主

盗聴器の電波を発見しても「サーッ」と無変調で何も聞こえないこともあります。無変調とはいっても、FMモードの変調がかっていて留守で室内が無音の状態です。無音でも空間の広がりが感じられます。こういった盗聴器発見では、緊急車両のサイレン音はまさに救世主ともいえる存在です。


スポンサーリンク
盗聴器発見では緊急車両のサイレン音は救世主

盗聴器が発見できるエリアがわかる

救急車などの緊急車両がサイレンを吹鳴しながら走って来たら、それは盗聴器発見の救世主です。盗聴器が拾ったサイレン音が受信機から聞こえてくるかに注力しましょう。救急車のサイレン音は盗聴器が仕掛けられている室内まで響き渡るため、その音を盗聴器が拾って、発見のヒントを与えてくれるからです。

目の前を走る救急車とほぼ同じように、受信機から大きなサイレン音が聞こえてくれば、盗聴器はすぐ近くに存在しています。救急車が走り去った後に聞こえてきたら、盗聴器の設置場所は救急車が走って行った方向です。

また、耳より先に受信機からサイレンが聞こえることも。救急車がどちらからやって来るかで、盗聴器が発見でいるエリアが分かります。

盗聴器発見に周囲音は貴重なヒント

同じように盗聴器発見に使えるのがバイクの音。受信機からバイク音が聞こえてきたら、音の大きさをチェック。盗聴波の発信源が大通りに面しているのかどうかが分かります。選挙シーズンはゆっくりと走る選挙カーも活用できるでしょう。

このほか、周囲の音は盗聴器発見の貴重なヒントになります。例えば、高速道路が近くを走るロケーションで盗聴器の電波を受信しているにもかかわらず、無変調で何も聞こえないというケースです。

高速道路を走るクルマの音も聞こえてこないため、遠くから飛んで来ていて高速道路に反射している可能があります。都市部はビルが多いので、高層階から発射されて遠くまで飛ぶケースがあるのです。こうなると発信源の特定が難しくなります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事