ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見には受信に対する知識と技術が必要

盗聴器は正規の電波ではないため、割り当て周波数はありません。盗聴器発見をしようと思っても、どんな周波数を使っているのか分からないのです。とはいえ、盗聴器は工業製品。よく使われる周波数は決まっています。この盗聴器の周波数をスキャンすることで盗聴器発見は可能です。



スポンサーリンク
盗聴器発見には受信に対する知識と技術が必要

盗聴器発見でスキャンする周波数

盗聴器発見のために受信機でスキャンする、盗聴器によく使われる周波数は次のとおりです。

【盗聴器の周波数(MHz)】
139.970 140.000
398.605 399.030 399.455

さらに電波の出力が極めて弱いため、盗聴器が仕掛けられた場所に自分から接近していかなければなりません。もちろん、盗聴波が発信されている場所も自分で探すことになります。

盗聴器発見には消防無線のように電波が飛んでくるのを自宅で待つという受信スタイルは通用しません。それゆえ“最も手強い受信ジャンル”なのです。

盗聴器発見は周辺に細心の注意

誰かが仕掛けた盗聴器の電波を受信する行為を“便乗盗聴”と呼び、盗聴行為とは区別していますが、「盗聴」という言葉に嫌悪感を示す人も多いハズです。

しかし、盗聴器発見という行為は技術レベルの高いゲームと考えられます。指向性のある八木アンテナを使って電波の飛んでくる方向を見極めたり、アッテネータで受信感度を絞り込むなど、受信に対する知識と技術が要求されます。

また、受信音から盗聴器が仕掛けられている場所(ラブホテル、風俗店、企業、一般家庭など)や仕掛けられた理由を推理するなど、状況分析能力が必要になるのです。盗聴器発見を宝探しのようなゲームとして捉えてみてはどうでしょうか。

ただ、盗聴器発見の際には周辺の状況に細心の注意を払って下さい。盗聴器を仕掛けた人物も必ず近くで聞いているからです。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事