ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す

盗聴器として使われることが多い、電波式盗聴器を探す際に最も気軽に使えるのが盗聴器発見器です。盗聴器発見器はいくつかのコツを踏まえれば、専門的な知識がなくても見つけ出すことができます。盗聴器発見器を使ってどのように盗聴器を探すのかを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
盗聴器発見器を使いならまず部屋に音楽を流す

盗聴器発見器は音を流して使う

まず、盗聴器発見器を使う場合、最初にすべきなのが部屋に音楽などの音を流すこと。盗聴器の中には、音声を拾った時のみ電波を発信するタイプがあるからです。

受信の知識がなくても簡単に盗聴器を発見できる盗聴器発見器は、電源をオンにしたらスキャンボタンなどを押して調査スタートするのが通常。LEDの点灯やアラーム音などで盗聴器の存在を知らせてくれます。

そして、部屋の中にある電化製品は1度すべての電源を消してから、順番に電源を入れてきます。これは電源寄生型の盗聴器を見付けるため。そこから盗聴器発見器で、よく仕掛けられるか所を中心に調べていくのです。

盗聴器発見器のラジオモード

部屋に盗聴器がある場合は、アラームLEDがメモリいっぱいに点灯。ラジオモードが付いている盗聴器発見器なら、ボタンを押すことで盗聴音声が聞こえてきます。アラームLEDと警告音を駆使して盗聴器を発見したら、ラジオモードで音声を確認して本当に盗聴器かどうかを判断するわけです。

なお、自分で盗聴器発見器で探してみたものの、結局見付からず、不安のまま生活を送らざる得ない場合もあります。そんな時は盗聴発見業者に依頼するのがよいでしょう。

盗聴器発見の金額は、調査内容や調べる範囲、業者によってまちまちですが、ワンルームなどなら30,000~50,000円程度。事前に見積もりなどを相談するのがよいでしょう。高性能機材と豊富な経験で、盗聴器や盗撮カメラを見付けてくれます。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事