ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器が発見される場所No.1は一般家庭だった

盗聴器が発見される場所といえばホテルなどを想像しがち。しかし、盗聴器が発見される場所No.1は一般家庭です。続いてホテル、オフィスと続きます。そこで、一般家庭、ラブホテル、オフィスとシチュエーション別に盗聴器が発見される場所を見ていきましょう。



スポンサーリンク
盗聴器が発見される場所No.1は一般家庭だった

盗聴器が発見される操作パネル内部

夫婦の浮気から遺産相続など、骨肉の争いが絶えないのが一般家庭。仕掛ける側も家に出入りするので、時間をかけてAC電源式の盗聴器をセットできます。

このため、盗聴器が発見される場所は照明器具の上や、季節によってはエアコンの上など。電池式でも電池交換が可能なので、集音性を重視して設置されるという特徴があります。

愉快犯と思われる盗聴器が発見されるのが、ラブホテルの客室。1人で部屋に入り、時間をかけて入念にAC電源式を仕掛けていきます。特に盗聴器がよく発見されるのが、ベットの操作パネル内部です。

オフィスで盗聴器が発見される場合

AC電源式の盗聴器をベットの操作パネル内部に仕掛けてしまえば、半永久的に“アノ声”をまき散らします。ベット脇のコンセント内部も発見されやすい場所です。

オフィスで盗聴器が発見される場合、産業スパイのような社外の人間が仕掛けるのではなく、社内の人間が行うケースが多いもの。人間関係、労使問題、内部告発など、企業も多くの問題を抱えているからです。

オフィスの会議室は出入りが自由なので、机の裏側などに電池式を仕掛けても電池交換が可能。盗聴器の回収も簡単です。額縁や時計の裏側からも発見されます。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴調査のために使用するのはハンディ受信機

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事