ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見の最終段階ではクリップを活用する

盗聴発見業者によると昨今、盗聴被害の相談が増加しているといいます。自宅でオフィスでラブホテルで…。街には盗聴器が溢れています。そんな街の盗聴器が仕掛けられている場所の発見するには、さまざまなテクニックが存在。とくに盗聴器発見の最終段階はクリップを活用するのです。



スポンサーリンク
盗聴器発見の最終段階ではクリップを活用する

盗聴器発見の最終段階で家を特定

盗聴器の発見に慣れてくると受信音の微妙な変化で、盗聴器の電波が飛んでくる方向が分かるようになります。聞こえてくる内容と耳の感触から、発信源の目の前まで辿り着けるものです。

ただし、ここからが盗聴器発見の最終段階。飲食店や商店など、聞こえてくる内容に特徴がある場合は特定しやすいのですが、会話に特徴がない一般家庭の場合はそうはいきません。

盗聴器発見の最終段階では「左右どちらの家か?」を特定するためには感度をグッと落とす必要があります。窓ぎわに盗聴器が仕掛けられていると、電波が強く入感し過ぎて、どちらの家から出ているのか判断できないからです。

盗聴器発見はクリップで特定する

この場合、極端に短いアンテナに交換するのが盗聴器発見のテクニック。クリップをアンテナの代わりにしてギリギリまで感度を落として、盗聴器の電波の感触をチェックする方法もあります。

感度が低下した状態で数軒先から受信すれば、盗聴器の電波の発信源となっている家がどちらなのか、特定できるでしょう。発信源が分かれば、位置情報と周波数をスマホにメモして、盗聴器発見ハンティングは終了です。

盗聴器発見を善意の気持ちで教えたことが、相手のトラブルに巻き込まれてしまうことにもなりかねません。盗聴波ハンティングはあくまでもクールに、そして常に傍観者としてあり続けるのがルールなのです。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事