ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯カメラ設置でプロが有線式を採用する理由

防犯カメラの設置状況は1軒ごとに異なってくるのが一戸建てです。プロはどんなところを見ながら防犯カメラの機材を選び、設置場所を決めて取り付けているのでしょう? まずは防犯カメラを設置するうえで、プロが有線式カメラを採用する理由から見ていきます。



スポンサーリンク
防犯カメラ設置でプロが有線式を採用する理由

防犯カメラの設置では有線式を選ぶ

「録画できていなかった」が、許されない防犯カメラ。最近は無線式やネットワーク式、SDカード式などの種類が登場しています。しかし、防犯カメラの設置ではプロは故障が少なく対応しやすい「有線式」を選ぶのです。

有線式の防犯カメラは旧来のシステムですが、周囲の電波環境の変化に影響を受けることがありません。また、不具合のあるポイントを探しやすいのも特徴。この安定感がプロの信頼を得ているのです。

無線やネットワークの接続に不具合があった場合、原因の追究箇所が多くなり、復旧までに時間を要してしまいます。また、防犯カメラは高所に設置するため、機種によってはSDカードを交換する際に、本体を取り外す必要があるのです。

駐車場と玄関に防犯カメラを設置

家の構造上、玄関に設置した防犯カメラから駐車場を映し込めない場合があります。その場合、クルマへのイタズラや窓からの侵入盗を防ぐために、大きな開口部である駐車場周りをカバーする防犯カメラを増設して対応するのが基本です。

駐車場の奥に玄関があれば、もちろん1台の防犯カメラで全体をカバーできます。しかし、駐車場と玄関が離れている場合は、両方に防犯カメラを設置。死角をなくすことで、駐車場側からの侵入を抑止するわけです。

HDDレコーダー&モニターを置く部屋は一般的にリビングになります。そこで、リビングにあるエアコンダクトの穴を利用して、防犯カメラの配線&電源コードを室内に引き込みます。配線が外壁を伝っていきますが、配線ケースを使って美しく仕上げるのがプロのワザです。玄関に穴を開ける必要はありません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事