ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LEDセンサーライトの人気商品を徹底チェック

LEDセンサーライトはAC電源タイプ・ソーラー発電タイプ・乾電池タイプに分類できます。そこで、各タイプの人気商品の使い勝手を徹底チェックしてみました。外部電源があればAC電源タイプが安定していますし、ソーラー発電タイプは経済的。乾電池タイプは設置場所が自由に選べます。


スポンサーリンク
LEDセンサーライトの人気商品を徹底チェック

面発光で明るいLEDセンサーライト

ELPAの「ESL-W1201AC」はAC電源タイプのLEDセンサーライト。最近のセンサーライトは感度が良く、普通の歩行者にも容赦なく閃光を浴びせるものがばかりです。しかし、挑発的な発光で相手を逆上させては意味がありません。

「ESL-W1201AC」は、リフレクターを通した面発光が特徴です。広範囲を明るく照射し、相手を刺激することなく防犯効果を高めます。外部電源さえ確保すれば、メンテナンス不要で便利でしょう。

赤外線の感知距離9mと、3機種で最も感度が良かった。LED7個で非常に明るいにもかかわらず、均一な光で眩しさはありません。作業灯としても利用できます。実勢価格は6,980円です。

ELPAの「ESL-301SL」はソーラー発電タイプのLEDセンサーライトです。ソーラーパネルで発電し、ニッケル水素充電池に蓄電。ソーラーパネルと本体は、約5mの付属ケーブルで別個に設置できます。

自由度の高いLEDセンサーライト

太陽光があればOKなので、電気代がかからず経済的。数日間天気が悪くても問題なく点灯します。明るさも眩しいくらいです。別売りでワイヤレスチャイムも増設でき、拡張性が高いのも魅力でしょう。

赤外線の感知距離は8mと必要十分。ESL-301SLに比べややスポット光になります。付属カバーで感知範囲を変更できるなどカスタマイズ可能です。実勢価格は5,980円となっています。

ムサシの「ASL-090」は乾電池タイプのLEDセンサーライト。乾電池使用で、自在に折れ曲がる三脚があり、さらにマグネット装着も可能。3機種では設置場所の自由度が最も高い製品です。

物干し竿に設置して下着泥棒を威嚇、風呂場近くに置いて出歯亀撃退など、手軽な防犯対策に打ってつけ。感知距離は最長4mと他の2製品に比べると短いですが、CREE製1WのLEDで明るさは十分です。隣りの家に迷惑がかからず、防犯上必要十分な明るさといえます。実勢価格は2,030円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事