ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯カメラにソーラー充電式のダミーを設置する

防犯カメラの設置は空き巣などの侵入者対策に有効です。ただし、防犯カメラの設置にはそれなりの費用と手間がかかってしまいます。このため、なかなか防犯カメラを設置できないという家庭も多いでしょう。そこでオススメは、ソーラー充電式でLEDライトが点灯する本格的なダミーカメラです。


スポンサーリンク
防犯カメラにソーラー充電式のダミーを設置する

防犯カメラにダミーカメラを設置

犯罪の抑止力としても重宝されるのが防犯カメラの設置です。とはいえ、いざ防犯カメラを設置しようとすると数万円以上もかかってしまうのは必至。屋内へ映像を送るための配線も必要になるため設置も容易ではありません。

なかには、防犯カメラを配線せずに設置して侵入者を威嚇しようとしているケースもありますが、この場合はダミーであることが一目瞭然。犯罪の格好の標的となってしまう可能性もあります。

そこで簡単に取り付けられて、安価なダミーカメラを導入しましょう。「OS-173F」は、夜間人感センサーでLEDライトが発光。チープさを感じさせないクオリティなのです。

ダミーカメラはねじ止めだけで設置

ダミーカメラなので、もちろん配線の手間がなくねじ止めするだけで設置はOK。ソーラー充電式なので、昼夜問わず人が近付くと、赤色LEDが約15秒間点滅する仕組みです。

このダミーカメラの電源は単3形充電式ニッケル水素電池×3本、光源はLEDライト×1個、赤色LED×1個です。サイズは88W×67H×163Dmmで、重さは約311g。実勢価格は4,980円となっています。

すでに防犯カメラを設置済みであれば、本物の防犯カメラの補助用としても活用してもよいでしょう。侵入者などが気になる場所に追加でこのダミーカメラを設置すれば、ローコストでセキュリティアップが図れます。

■「防犯カメラ」おすすめ記事
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
超強力レーザーポインターは防犯カメラを焼く
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在
防犯カメラに無線式を選ぶのはプロじゃない!?
防犯カメラの設置場所は町のいたるところにある
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事