ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣が侵入する家を決める5つのポイントとは

窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」です。あなたの家も知らぬ間に空き巣に目を付けられているかもしれません。そんな空き巣被害に遭わないためにも、適切な防犯対策が必要です。そこで、空き巣が侵入する家を決める5つのポイントをご紹介。今すぐ空き巣対策をしましょう。


スポンサーリンク
空き巣が侵入する家を決める5つのポイントとは

空き巣が侵入する家を決めるポイント

空き巣が侵入する家を決めるポイント1つめは「独身または核家族の家」。留守が多い独身はもちろんですが、核家族も狙い目。都心では共働きの夫婦が多くて、家を留守にしがちだからです。

ポイント2つめは「通りから敷地内が見えにくい家」。空き巣が下見で目星を付けるかは、ここで決まります。ひと気がなくて、さらに敷地内が高い塀や木で囲まれていると危険。周りを気にせずピッキングや窓破りに専念できるからです。

ポイント3つめは「2階に登れる足場がある家」。上の階に行くほど防犯意識が薄まるため、2階はカギを空けっ放しにしてる人が多いからです。外に室外機や物置があれば、それらを伝って空き巣は簡単に2階まで登れてしまいます。

空き巣対策で近づきにくい家にする

ポイント4つめは「ディスクシリンダー錠の家」。ディンプルキーではなく、昔からあるディスクシリンダーの家はピッキングで侵入可能です。ドアに郵便ポストが付いてる家はもっと危険。ポストの隙間からサムターン回しができます。

ポイント5つめは「換気目的で窓や扉を開けている家」。玄関や窓のカギは閉まっていても、トイレや風呂場の窓、勝手口の扉は換気目的で空いてることが多いもの。特に死角になってることが多いため、空き巣に狙われやすいのです。

玄関先や裏庭にセンサーライトや防犯カメラを取り付けるといった対策は古典的ではありますが、実際に空き巣にとっては脅威。プライバシー保護と見通しのよさのバランスが、空き巣の近づきにくい家にするポイントです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事