ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防犯カメラ設置で知っておきたい4つの映像伝送

画質や赤外線撮影といった機能は防犯カメラ設置の重要なポイントですが、もう1つ知っておきたいのが映像をHDDレコーダーへ送る伝送方式です。防犯カメラ設置で知っておきたい映像伝送は「有線式・無線式・ネットワーク式・SDカード式」の4タイプ。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。


スポンサーリンク
防犯カメラ設置で知っておきたい4つの映像伝送

防犯カメラ設置は伝送方式で違い

防犯カメラを設置する目的は、空き巣などの侵入を抑止すること。それは防犯カメラが映像を録画しているからこそ威力を発揮します。このため、防犯カメラは離れた場所にあるHDDレコーダーへ証拠となる映像を送っているわけです。

防犯カメラ設置で知っておきたい映像伝送方式は、昔ながらの有線式のほか、無線式やネットワーク式、さらには自己完結型のSDカード式と多様化。映像の伝送方式の違いは防犯カメラを設置する際に、大きな違いとなって現れます。

「有線式」は、防犯カメラから映像用の配線をHDDレコーダーへ接続する方式。安定した動作がメリットですが、コンポジット用のコードで長く配線すると画質が落ちてしまいます。フルHDに対応するなら、同軸ケーブルは5C-FB以上が推奨です。

防犯カメラ設置に電源の配線が必要

「無線式」は、映像信号を無線LANやWi-Fiの電波で飛ばす方式。受信機能を持ったHDDレコーダーに録音されるので、映像用の配線が不要なのがメリットです。ただし、設置には防犯カメラ用の電源コードの配線は必要になることを忘れてはいけません。電波状況によってはノイズが入るのもデメリットです。

「ネットワーク式」は、インターネット回線を使ってルータ経由でPCに映像信号を送って録画する方式。メリットは遠隔監視やリモート操作ができることです。ネット回線やルータが必要になること、ネット使用料が発生することがデメリットです。

「SDカード式」は、カメラ本体にSDカードを入れて録画する方式。映像用のコードは不要です。カメラ本体にコード自体は付いているので有線式として使用可能。設置が簡単な一方、防犯カメラ自体やSDカードが盗まれる危険があります。

■「防犯カメラ設置」おすすめ記事
防犯カメラの設置場所は町のいたるところにある
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは

■「防犯カメラ」おすすめ記事
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
超強力レーザーポインターは防犯カメラを焼く
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在
防犯カメラに無線式を選ぶのはプロじゃない!?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事