ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣が狙うマンションを決める3つのポイント

窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」です。アナタの家も知らぬ間に空き巣に目を付けられているかもしれません。そこで、都内を中心に空き巣を行っていたという人物から、空き巣が狙うマンションを決めるときの3つのチェックポイントを聞きました。被害に遭わないよう適切な防犯対策を実践しましょう。


スポンサーリンク
空き巣が狙うマンションを決める3つのポイント

空き巣が狙う2階または最上階

設備が整ったアパートやマンションでも空き巣に油断はできません。オートロックが付いていても簡単に侵入でき、入れなかったとしても隣の住宅や電信柱、雨樋を利用してベランダに侵入することも可能です。

そこで、空き巣が狙うマンションを決めるときの3つのチェックポイントを紹介しましょう。空き巣が目をつける1つめのポイントは「2階または最上階」。2階は足場があれば簡単に入りやすいからです。

しかし、最上階はもっと狙い目といいます。「高級マンションなら、結構な金持ちが住んでいるけど、そういう部屋は防犯対策がしっかりしていることも多い。狙いやすいのは中堅クラスだね」と話します。

空き巣は洗濯物をチェックする

空き巣が目を付ける2つめのポイントは「夜でも洗濯物が干しっぱなし」。夕方を過ぎてもずっと洗濯物を干している家は「留守ですよ」といっているのと同じ。「目星を付けてた部屋がこの状態になってたら、間違いなく行くね」と話します。

空き巣がチェックする3つめのポイントは「窓がクレセント錠+普通のガラス」。最近はピッキングなど凝ったことはあまりやらないといいます。「窓破りが多いから、無防備な窓は狙いやすい」というのです。

「ほとんどの窓はクレセント錠1つだけで無防備。でもたまに防犯ガラス使っている家があって、そういう時はすぐ諦めるね」と話します。「自分の部屋は自分で守る」という考えの元で、適切な空き巣対策が必要になるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事