ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オートロックマンションは空き巣に狙われやすい

オートロックも付いた設備が整ったマンションでも油断はできません。空き巣はオートロックなどいとも簡単に侵入できます。たとえ入れなかったとしても、電信柱などを利用してベランダに侵入可能です。空き巣がマンションに侵入するときの狙い目ポイントを見ていきましょう。



スポンサーリンク
オートロックマンションは空き巣に狙われやすい

空き巣はオートロックでも簡単

1つめの狙い目ポイントは「2階または最上階」です。2階は一軒家と同じで、足場があれば簡単に入りやすいといいます。

しかし最上階はもっと狙い目。とはいえ高級マンションは結構なお金持ちが住んでいることが多く、そういう部屋は防犯対策がしっかりしていることも多いとか。狙いやすいのは中堅クラスだといいます。

空巣の2つめの狙い目ポイントは「オートロック付きマンション」です。実はオートロック付きマンションは、住人や宅配業者の後に付いていくだけで空き巣は簡単に入れてしまいます。

「マスク+帽子+サングラス」のようないかにもな恰好はせずに、挨拶するくらい堂々としてれば大丈夫だとか。防犯カメラがある時は下を向いてスマホをいじってれば特定されないと豪語します。

最近の空き巣は窓破りが多い

空き巣の狙い目ポイント3つめは「夜でも洗濯物が干しっぱなし」です。夕方過ぎてもずっと洗濯物を干している家は「留守ですよ」といってるのと同じこと。目星を付けてた部屋がこの状態だったら、間違いなく空き巣は侵入するはずです。

狙い目ポイント4つめは「窓がクレセント錠+普通のガラス」。最近の空き巣は、ピッキングといった凝ったことはあまりやらなずに、窓破りが多いといいます。

このため、無防備な窓は狙いやすいターゲット。空き巣いわく、ほとんどの窓はクレセント錠1つだけで無防備とのことです。でもたまに防犯ガラス使っている家があると、そういう時はすぐ諦めるといいます。この情報は『ラジオライフ』2014年5月号に掲載されていました。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事