ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

センサーライトを5千円ちょいで設置する方法

1万円以下で組める防犯システムが、玄関付近に設置するセンサーライトです。ホームセンターには電池式とAC電源式の両方が揃っており、自分の工作力や玄関回りの“穴”の有無で選ぶといいでしょう。さっそく、センサーライトを5千円ちょいで設置する方法を紹介します。



スポンサーリンク
センサーライトを5千円ちょいで設置する方法

センサーライトの取り付け方

センサーライトはAC100Vで動作するので電池切れの心配がありません。今回はオーム電機の4WLEDライト「LS42」を採用しました。

センサーライト本体には、周囲の明るさ調整用と照射時間の調整用のツマミを搭載。本体中央下部にあるドームは人感センサーになります。

それでは、センサーライトの取り付け方を見ていきましょう。まず壁の穴を通すためコンセントプラグをカット。壁の穴はコードの太さギリギリで空けておきましょう。

センサーライトの防犯力を高める

600gの本体は付属の木ネジで取り付けます。最後に組み立て式のコンセントプラグを付ければ完成です。反応する明るさを暗方向に調整すれば、夜間専
用にすることもできます。

センサーライトの防犯力を高めるためにダミーの監視カメラを近くに付けてみるのも手。センサー風の赤色LEDが点灯する「ODC-08」は実勢価格1,058円で、ケーブル付属の「DM-90」は実勢価格が861円です。

ダミーの監視カメラはケーブルを天井の穴に入れることでリアリティが高まります。どちらもオーム電機の製品です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「防犯」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ホームセキュリティを格安で実現するグッズ
ホームセキュリティを自分で格安で構築する方法
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事