ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

暗視カメラとしての力を発揮する防犯カメラ

ひと口に防犯カメラといっても、伝送方式や暗視性能などはさまざま。そんななか、暗視カメラとしての力を発揮する防犯カメラが「TR-858WCP」です。実際に暗視カメラとして撮影してみても、10m離れた暗闇でもヘアースタイルや手に何を所持しているかが判別可能でした。



スポンサーリンク
暗視カメラとしての力を発揮する防犯カメラ

暗視撮影に力を発揮する防犯カメラ

暗視撮影の証拠撮りに力を発揮する防犯カメラが、コロナ電業の「TR-858WCP」です。有線式の防犯カメラになります。実勢価格は42,984円です。

TR-858WCPの撮像素子はSONY EXView HAD CCDⅡ1/3型カラー CCD。有効画素数は48万画素で、動画解像度は最大1080p(30fps)となっています。赤外線照射距離は15m。サイズは84.7W×80H×150.8Dmmで、重さは790gです。

実際に防犯カメラとして設置して撮影してみたところ、望遠タイプなので蛍光灯下の5m先でも人物が近くに映し出されました。シャツとズボンの色も明瞭です。10m離れるとシャツの色は潰れて黒に見えます。手に何かを持っていることは認識可能でした。

暗視カメラとしての性能を見てみる

一方で、非常灯1灯だけの暗闇の状態で暗視カメラとしての性能を見てみると、2mの距離では人物の髪型は精細に捕らえており、目元なども認識可能。近距離での撮影もOKです。

5mの距離では2mの時よりもさらに全体が明るくなりました。人物の顔のパーツも何となく読み取れる状態。服装の特徴もつかめるレベルです。

そして10m離れても、ヘアースタイル、手に何かを所持しているのかが判別できる状態。周囲に何があるかも認識できます。TR-858WCPは暗視カメラとしての力を発揮する防犯カメラといえるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事