ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視カメラの設置に配線が不要のコンセント型

監視カメラを設置するのに面倒なのが配線。そこで、おすすめが監視カメラの設置に配線が不要のコンセント型です。壁に設置してしまえば、誰も監視カメラが設置されていることに気づかないでしょう。コンセント型の監視カメラのスペックなどを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
監視カメラの設置に配線が不要のコンセント型

監視カメラの設置に配線が不要

思わず家電プラグを差し込んでしまいそうになるほどリアルなのが、コンセント型の監視カメラ「HS-300」。足元やキッチン壁に監視カメラを設置すれば、まず分かりません。

コンセントのカバーを外すとスイッチが現れる仕組み。動画と静止画の切り替え、画質などを設定できます。監視カメラの設置に配線が不要なのも、うれしいところです。

本物のコンセントの隣にこの監視カメラをセットすれば磐石でしょう。廊下や部屋の奥から入り口付近を狙っておけば、不審者の全身を捕らえられます。

監視カメラの設置に気づかれない

しかもHD画質なので証拠としても十分。手軽な防犯対策に持ってこいの監視カメラです。オフィスなどに設置して、夜間の侵入者などを気づかれることなく監視できるでしょう。

監視カメラの基本スペックは、解像度が最大1280×720ドット(30fps)で、視野角は約54.6度です。記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)となっています。

電源はリチウムイオン充電池で、連続動作時間は5~11時間となっています。サイズは70W×120H×12Dmmで、重さは約85g。実勢価格は37,800円です。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「監視カメラ設置」おすすめ記事
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイント
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?

■「監視カメラ」おすすめ記事
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
監視カメラアプリなら無料の「セキュカム」
iPhoneのカメラ機能を監視に使う裏ワザアプリ
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事