ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

自宅の安全は誰しも気になるものですが、本格的な防犯カメラやカギの交換にはなかなか手が出せないのが実情。取り付けに業者を呼ばなければならなかったり、とんでもなく高額なお金がかかったり…。わずか数千円でできる空き巣対策の方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
空き巣対策をわずか数千円で実現

空き巣対策で留守だと悟らせない

完璧な防犯環境を構築するのは、なかなかハードな道のりです。しかし、だからといって何も対策をせず無防備な状態にしておくのはとても危険です。

そこでオススメしたいのが、手間もお金もかけずに使える、ホームセンターの防犯グッズ。価格は非常に良心的。自分で簡単に取り付けられるのもポイントでしょう。

平成25年の東京都内における侵入窃盗の被害は7,756件。そのうちの42.1%が空き巣被害でした。とくに夜間は電気がついていないことで、留守だと簡単にバレてしまい、これまた危険。空き巣対策は留守だと悟らせないことが大事です。

1,609円で簡単に空き巣対策

「デジタルプログラムタイマー PT50DG」は、家電のオン/オフをオート化できるアダプタです。実勢価格は1,609円で、メーカーはリーベックス。サイズは65W×68H×32Dmm。これで簡単に空き巣対策が行えます。

使い方は使用したい製品とコンセントの間にかませて、曜日や時間を設定するだけ。照明やテレビをプログラムしておけば、夜間の外出中でも留守だと悟られにくくなります。

この製品はオンとオフにする時間、曜日を設定。最大14プログラムセットできる仕組み。窓辺に置いてある照明をセットしておけば、留守だと悟られにくくなるしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「空き巣対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
オートロックマンションは空き巣に狙われやすい
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事