ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視カメラを2基搭載したユニットで同時撮影

2つのカメラで2か所を同時に撮影できる監視カメラユニットを紹介しましょう。上下方向や左右方向など、2つの監視カメラでかなりの広範囲をカバーすることが可能。動画はレンズ毎に分割して保存されるので、侵入者を検知する監視カメラとしての機能も十分といえるでしょう。



スポンサーリンク
監視カメラを2基搭載したユニットで同時撮影

監視カメラを2基搭載したユニット

監視カメラを2基搭載した基板ユニットが「UT-109」です。1か所では物足りない監視カメラ撮影を2つのカメラでカバー。2か所を同時に監視できる監視カメラユニットです。

監視カメラを2基搭載した基板ユニットの基本スペックは、解像度が2画面で1280×480ドットで、保存形式はAVI。記録メディアはmicroSDHCカード(最大32Gバイト)となっています。サイズは基板部分が52W×30H×8Dmm/9gです。

長さが125mmあるフレキシブルレンズなので、さまざまな角度から同時に撮影が可能。アイデア次第で工作の幅も広がります。実勢価格は19,800円です。

監視カメラ2基はセッティング自由

監視カメラ2基のセッティングは自由自在。上下範囲をカバーしたり、左右に広範囲を撮影したり、2つの違うポイントをスポット撮影したりと可能性は無限大です。2画面で撮影すると、レンズ毎に分割されて動画が保存されます。

しかも、基板ユニットには、8個のボタン型レンズキャップが付属。さまざまなシーンに対応する仕様となっています。

別売りの交換可能なバッテリーは、500~2,000mAhまで容量やサイズを選べるシステム。自分だけのオリジナル監視カメラを作ることができるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「監視カメラ」おすすめ記事
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
監視カメラアプリなら無料の「セキュカム」
iPhoneのカメラ機能を監視に使う裏ワザアプリ
防犯カメラの設置は照明ソケットに挿すだけ!
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置は映像の伝送方式がポイント
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事