ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策

窓破りが主流になったとはいえ、今でも住宅窃盗の3割は玄関ドアからの侵入によるものです。高セキュリティなディンプルキーを鍵に使っているからといって、安心はできません。ホームセンターなどで買える玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策を施しましょう。



スポンサーリンク
玄関ドアの鍵をガードするグッズ

玄関ドアに鍵をすぐ設置できる

玄関ドアに鍵を追加するのはお金もかかるし面倒ですが、「らくらくロック」なら、穴を開けずにすぐ設置できます。実勢価格は3,218円です。

取り付け方は、まずネジを回しながらドア枠に「らくらくロック」を固定します。穴を開ける必要はりません。シリンダーを取り付けてキーを回せば完了。開鍵する時はシリンダーごと外れる仕組みです。

付属するのはディンプルキー。耐ピッキング性能は5分以内ですが、玄関ドアに鍵が増えるだけで敬遠する泥棒は多いそうです。

玄関ドアの鍵の無締まりを防止

ドアにドリルなどで穴を空け、内側のつまみを回転させて解錠する手口がサムターン回し。これを回避するグッズが「カギ付きサムターンガード」です。サムターンを操作できないようにカバーを付けられ、さらに在宅中はカバーに鍵もかけられるので安心。実勢価格は561円です。

そして意外に多いのが、玄関ドアの鍵の無締まり。鍵の掛け忘れで泥棒に入られたケースも少なくないのです。そして、そんな鍵のかけ忘れを防止するグッズが「cheKEY」です。

鍵をかけると表示窓の色が変わり、施錠の有無がひと目で分かります。家を出て数分歩いた所であれ?となったらキーをチェックすればOK。実勢価格は1,382円です。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「玄関ドアの鍵」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法

■「鍵」おすすめ記事
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
治具メタルを使ってカギを型取りして複製する

■「防犯対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ホームセキュリティを格安で実現するグッズ
ホームセキュリティを自分で格安で構築する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事