ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法

ブルーインパルスが展示飛行する場所は、大きく分類すると航空祭とイベント会場に分けられます。展示飛行する場所によって航空管制組織は異なるので、使用する周波数も変わってきます。航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法

ブルーインパルスは前日までに飛来

滑走路がある基地で開催される航空祭は、当地の管制からサポートを受けられるので、ブルーインパルスは基地に割り当てられた周波数を使います。ただし、管制の手順に沿ったGND→TWRという使われ方はしません。

ブルーインパルスは離陸から着陸まで、1つの周波数が使用します。なので、どの周波数を使うのかは、展示飛行の直前まで分からないのです。

周波数を探すためには、基地の割当て周波数をすべてメモリーしてスキャンします。しかし、展示飛行の直前にスキャンするので、時間がなくてうまくいかないことも…。実は前日に、周波数を探す方法があるのです。

ブルーインパルスは航空祭の前日までに、会場となる基地に飛来。そして前日には、必ず事前訓練を行い、翌日の本番に備えます。これは会場になる基地の上空で一連の展示飛行をして、地上の目標点の確認などをするためです。

ブルーインパルスの事前訓練で探す

航空祭の前日に現地入りできるのであれば、ブルーインパルスの事前訓練の際に周波数を探しておきましょう。事前訓練で使われていた周波数は、航空祭当日でも使用されます。

ちなみに、多くの航空祭ではローカルTWRの周波数が使用されます。しかし、絶対ということはありません。航空祭の受信に慣れてくると、「この基地は毎年、ローカルTWR波を使っているから、今年も同じだろう」と思いがちです。

しかし、今年はGCAの周波数を使用していた…という話はよくあること。航空祭にはブルーインパルスの交信を受信するために、前日に現地入りするのが基本です。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/真田幸雄)

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事