ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスがフライト前に行う儀式とは?

ブルーインパルスの見どころは、空を舞う華麗なアクロバット飛行だけではありません。フライト前に行う儀式が「ウォークダウン」も見どころ。実際、ブルーインパルスのウォークダウンを見るには開門前から並ぶ必要があるほどです。ブルーインパルスのウォークダウンを解説します。



スポンサーリンク
ブルーインパルスがフライト前に行う儀式とは?

ブルーインパルスのウォークダウン

ブルーインパルスは展示飛行をする前に、必ず行う儀式があります。それが「ウォークダウン」と呼ばれるものです。ウォークダウンを見るには、早朝の開門前から並んで最前列を確保する必要があります。

まず搭乗する機体T-4は、航空祭会場のエプロンに整列。6人のパイロットは横1列に整列し、フォーメーションを組んだフライトのように自分の機体へと向かうのです。

整列して機体へと向かったパイロットは、担当する整備員と敬礼を交わします。パイロットはGスーツを着用して乗り込み、エンジンスタート。整備クルーとともに機体を点検するプリタクシーチェックをします。

ブルーインパルスで使われる周波数

この時、T-4に搭載されている無線機の動作チェックも行われます。受信機をスキャンすれば、今回のブルーインパルスの展示飛行で使われる周波数が判明するというわけです。

点検が終わってタクシーアウト。離陸のためタクシーウェイを滑走路に向か
う間、パイロットは観客の声援に応えるように手を振ったりしてくれます。

そして、管制塔と離陸許可を得るために交信。ブルーインパルスの地上局「ブルーコントロール」からは、最新の気象情報の提供を受けます。滑走路上でスモークチェックを行い、離陸です。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/名須川優 写真/星智徳)

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする
ブルーインパルスの編隊長の無線は絶叫系が多い
航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事