ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスのパイロットの肉声は迫力満点

全国各地にある航空自衛隊の基地で開催される航空祭。このイベントの見どころは、すぐ目の前の低空を軍用機が飛ぶところ。来場者に見せることを目的に飛行することから、「展示飛行」と呼ばれています。そんな展示飛行の1番人気は曲技飛行専門のチーム「ブルーインパルス」のアクロバット飛行です。


スポンサーリンク
ブルーインパルスのパイロットの肉声は迫力満点

ブルーインパルスのパイロットの交信

ブルーインパルスのアクロバット飛行は中等練習機T-4×6機で編成。それを支えているのが無線です。ブルーインパルスは航跡を見せるために白煙を出しながら飛行しますが、その白煙を出すタイミングは隊長機から無線で合図されます。

ブルーインパルスが使用するエアーバンドは、AMモードのアナログ波。手持ちの受信機で誰にでも聞けます。イヤホンからは先陣を切る隊長機からの号令が聞こえてくるので、ブルーインパルスの華麗な舞いを耳からも楽しめるのです。

6機で編成されるブルーインパルスの基本は編隊飛行。展示飛行で多用される隊形が、デルタ隊形、ダイヤモンド隊形、トレイル隊形です。展示飛行中のパイロットの交信から、これらの隊形名が頻繁に出てきます。

ブルーインパルス独自のスモーク装置

ブルーインパルスのパイロットの無線からは、スモークが描く形状によるネーミングも聞こえてきます。垂直面に描いたハートに矢を射る「バーティカルキューピッド」や、星を描く「スタークロス」などは形が分かりやすくて有名です。

ちなみに、スモークの発煙装置はブルーインパルス独自の装備。右排気ノズルの直後にスピンドルオイル(機械油)の噴出ノズルが付いており、ここから出たオイルがエンジンの排気で白煙になり、航跡の尾ができます。

ブルーインパルスのパイロットの交信を受信すれば、T-4の後部シートの中に我が身をおいたような感覚で楽しめます。とくに編隊長は絶叫系の人が多いので、無線からは臨場感あふれる号令が聞こえてくるのです。(写真/星智徳)

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする
ブルーインパルスの編隊長の無線は絶叫系が多い
航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事