ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く

航空イベントの花形であるブルーインパルス。パイロット同士の交信を聞ければ、より深く演技を楽しめます。もちろん写真撮影にも有利。まずはブルーインパルスのパイロット同士の交信を受信するテクニックの基本をマスターしましょう。



スポンサーリンク
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く

ブルーインパルスは航空祭で展示飛行

航空自衛隊第11飛行隊、愛称「ブルーインパルス」が使用する機体が現在の「T-4」になって、今年で20年という節目の本年。1961年の創隊時は「F-86F」が使用され、その後1982年からは「T-2」、そして1995年にT-4が導入され今に至ります。パイロットが右肩に付ける2015ツアーパッチにも「20th ANNIVERSARY」の文字が光っています。

全国各地にある航空自衛隊の基地にて毎年開催される航空祭でも、メインイベント的な位置づけ。ブルーインパルスの展示飛行があるかどうかで人出も大きく変わるほど、航空機マニアだけでなく広く一般の人たちにも大人気となっています。

航空祭で展示飛行を行う場合、ブルーインパルスは必ず前日かその前に航空祭会場となる基地に展開。そして、「予行」と呼ばれる事前の確認飛行を行うのが恒例となっています。

ブルーインパルスのパイロットの交信

予行といっても本番と何ら変わらない内容の演技を行うため、基地周辺には多くのマニアが詰めかけます。これを見ておくことで2回フライトが楽しめるのはもちろん、本番が悪天候などで飛ばなかった時の保険にもなるわけです。

ブルーインパルスの飛行内容は「課目」と呼ばれ、その組み合せを「区分」といいます。第1区分を基本に、第4区分まで4通りあり、その日の雲底の高さによって、行う区分を離陸してから決めるのです。

何区分を実施するのかや、スモークのオン/オフのタイミングのパイロット同士の連絡は、すべて航空無線を使って行います。これらが分かることで撮影の手助けになったり、状況が変化して課目の変更やキャンセルを知ることも可能です。

ブルーインパルスを見る時にはパイロットの交信を聞くために受信機を活用すれば、何倍も楽しみが増幅するのです。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「ブルーインパルスのパイロット」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスから聞こえるパイロットの肉声
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスの航空ショーの演技を完全解説
ブルーインパルス画像でアクロバット飛行を解説
自衛隊の航空ショー!ブルーインパルスの演技
自衛隊イベントでのブルーインパルス演技を解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事