ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する

ブルーインパルスの展示飛行は基本的には6機で行われます。ブルーインパルスの演技課目を理解するためにも、1~6番機それぞれの役割を理解しておくことは大切です。そこで、ブルーインパルスの1~6番機の主な役割を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する

1番機がブルーインパルスの編隊長機

1番機は編隊長。LAEDERとも呼びます。ブルーインパルスの編隊を先導する編隊長機。正確な操縦技術が必要で、ベテランパイロットが担当します。

2番機は左翼機。LEFT WINGとも呼びます。1番機の左側に位置。隊形変換などの際には、この2番機が基準になります。

3番機は右翼機。RIGHT WINGとも呼びます。1番機の右側に位置し、ブルーインパルスのチーム内で最も若手のパイロットが担当。2番機の動きや位置に合わせて、対称性を確保します。

5番機のパイロットが第2編隊長

4番機は後尾機。SLOTとも呼びます。1番機の真後ろから、隊形のバランスを整える役割が4番機。1番機の排気が当たるため、過酷なポジションといわれています。

5番機は第1単独機。LEAD SOLOとも呼びます。1番機にトラブルがあった際には、5番機のパイロットが第2編隊長としてブルーインパルスの編隊を統率。また、6番機と一緒にデュアルソロ課目も行います。

6番機は第2単独機。OPPOSING SOLOとも呼びます。ソロ課目や、5番機とともにデュアルソロ課目を担当。デルタ隊形の場合は、4番機の右側に位置します。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスの航空ショーの演技を完全解説
ブルーインパルス画像でアクロバット飛行を解説
自衛隊の航空ショー!ブルーインパルスの演技
自衛隊イベントでのブルーインパルス演技を解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事