ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力

福岡県築上郡にある航空自衛隊・築城基地の航空祭は、所属する第304飛行隊のF-15、T-4と第6飛行隊のF-2が異機種編隊によるパワフルなオープニングフライトを見せてくれます。2015年は10月25日に航空祭が行われる予定です。さっそく築城基地航空祭の見どころを紹介しましょう。



スポンサーリンク
築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力

築城基地航空祭の展示飛行

2014年の築城基地航空祭は、航空自衛隊創設60周年の記念塗装を施したF-15JとF-2Bがオープニングフライト。タッチ&ゴーを繰り返し披露してくれました。

続いて防府北基地からT-7、芦屋基地からT-4が飛来して編隊航過飛行を実施。T-4は4機によるダイヤモンド編隊でランディングライトを点滅させる演技を披露しました。

F-2A模擬対地攻撃、U-125A、UH-60J救難展示、F-4EJ改機動飛行と続き、地元機でオープニングフライトに登場したF-15JとF-2B編隊の展示飛行が披露されました。

築城基地航空祭は交信が流れる

例年の築城基地航空祭は、午後からブルーインパルス、F-2A/B、F-15Jの機動飛行が行われます。2014年は天候悪化のためブルーインパルスの展示飛行は中止になりました。

会場は終日順光ですが、エプロンが狭いため中央が混雑するのが特徴です。交信の流れは「築城GND」→「築城TWR」→「築城RDR」→「築城RDR/ファイナルコントローラー」→「築城RDR」→「築城TWR」→「築城GND」となります。

なお、築城基地航空祭ではGCAの交信がスピーカーでも流され、受信機がなくても雰囲気は味わえます。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました(写真/星智徳)。

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
自衛隊イベント!後方支援部隊のオススメ基地祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント
ミリメシが展示される松戸駐屯地の創立記念祭
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。