ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

小松基地航空祭は戦闘機のフライトデモが目玉

石川県小松市にある航空自衛隊・小松基地の航空祭は9月21日に開催予定。相当な混雑が予想されるため、航空祭に行くにはそれなりの覚悟が必要でしょう。とはいえ、小松基地航空祭は戦闘機の華々しいフライトデモや派手な地上展示でも知られます。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
小松基地航空祭は戦闘機のフライトデモが目玉

小松基地航空祭は入場者が非常に多い

F-15Jのベースキャンプである小松基地は、戦闘機の華々しいフライトデモ(F-15Jの大編隊飛行など)が目玉。毎年、記念塗装機の勇姿をひと目見ようと、全国からマニアが集結します。

小松基地航空祭は入場者が非常に多いことで有名。小松基地周辺や会場内は相当の混雑が予想されるので、航空祭へ行くにはそれなりの覚悟が必要です。

実際、ブルーインパルスのフライト直前のエプロン中央部はまさに芋の子を洗うような混雑でした。ちなみに、小松基地広報の発表によると、2014年の航空祭来場者は13万2千人だったといいます。

小松基地航空祭は地上展示機も派手

小松基地航空祭は地上展示機も派手に行われますが、ほとんどが滑走路(誘導路)に面した場所に置かれます。そのため、展示飛行をクリアに撮る場所が限られてしまうのが難点です。

また、開放されている場所から滑走路まで距離があり、F-15Jの単機を撮るには300~400mmの望遠レンズでも力不足な感があります。ただし、タキシングなら問題ありません。

小松基地航空祭では民間の定期便が発着しているため、スケジュール次第では旅客機と戦闘機を絡めて撮影できるでしょう。例えばヨーロッパのルクセンブルク大公国を拠点としている航空会社カーゴルクスの飛行機は、日本では小松空港でしか見られません。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました(写真/星智徳)。

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
自衛隊イベント!後方支援部隊のオススメ基地祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント
ミリメシが展示される松戸駐屯地の創立記念祭
築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
新田原基地の自衛隊イベントは早朝に開門する

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。