ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

入間基地航空祭は展示飛行の前にトイレが鉄則

埼玉県入間市にある航空自衛隊の入間基地。ここで行われる入間基地航空祭が行われるのは11月3日です。都心からのアクセスがよいため、今年も多くの来場者が訪れるはず。混雑を避けるための裏ワザや注意点など、入間基地航空祭の楽しく見方を詳しく紹介していきます。



スポンサーリンク
入間基地航空祭は展示飛行の前にトイレが鉄則

入間基地航空祭は撮影に好条件

毎年11月3日(文化の日)に開催される入間基地航空祭。都心から近い場所にある航空基地ということで、アクセスがよいことで知られ、2014年は来場者が29万人にもなりました。

入間基地航空祭の最寄り駅は西武池袋線稲荷山公園駅。しかし、西武新宿線の狭山市駅を利用すると混雑を避けられます。

入間基地の滑走路は朝方はやや逆光なのがつらいところ。しかしそれを除けば1日中順光で撮影でき、好条件がそろっているのが入間基地航空祭。カメラ初心者でもまずまずの撮影ができるはずです。

入間基地航空祭を楽しむ注意点

入間基地には戦闘機部隊が配備されていません。しかし、航空祭では周辺の基地からF-15戦闘機が飛来することで有名です。

というのは、同基地は地元自治体との協定により、普段はアフターバーナーを装備する戦闘機の配備ができません。そのため、これらの戦闘機は、入間基地では航空祭でしか見ることができないのです。

最後に、入間基地航空祭を楽しむための注意点を1つ。入場が制限されるほどの観客数となるため、かなりの混雑が予想されます。トイレや買い物は展示飛行が始まる前に済ませておきましょう。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(写真/佐藤正孝)

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
自衛隊イベント!後方支援部隊のオススメ基地祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント
ミリメシが展示される松戸駐屯地の創立記念祭
築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
新田原基地の自衛隊イベントは早朝に開門する
岐阜基地航空祭はマニアが最も注目するイベント
芦屋航空祭はT-4の見事な大編隊飛行が見どころ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。