ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

US-2が海上から離水する大村航空基地の航空祭

大村航空基地の航空祭では、山口県の岩国基地から飛来した救難飛行艇US-2が海上から離水して帰投するのが恒例。というのも、大村飛行場にはシードロームと呼ばれる海上離着水用エリアがあるからです。US-2の真の姿が見ることができる航空祭が大村航空基地なのでした。



スポンサーリンク
US-2が海上から離水する大村航空基地の航空祭

大村航空基地の航空祭の見どころ

長崎県大村市にある海上自衛隊・大村航空基地では「開隊59周年記念行事」が5月22日に開催されます。さっそく大村航空基地の航空祭の見どころを見ていきましょう。

長崎空港の対岸にある大村飛行場は「長崎空港A滑走路」として、長崎空港の航空管制を受けます。そのため、出発機は大村飛行場のグランドコントロールを担う「大村SEADROME」から「長崎TWR」へコンタクトします。

展示飛行は「長崎TWR」にミッションスタートをリポート。その後は地上局「セレモニーフライト」が、UHF帯の非公開周波数を開局させて統制を行っていました。

US-2がシードロームから離水する

また、大村航空基地の航空祭では当日の抽選によるヘリの体験搭乗も実施。搭乗編隊のコールサインは第22航空隊のSH-60K×3機が「ウェイバン・キロ・フライト」で、第72航空隊のUH-60J×3機が「スカイラーク・フライト」を使用します。

そして、大村航空基地の航空祭には、他では見られないイベントがあるのです。それは岩国基地(山口県)から飛来した救難飛行艇US-2の帰投時に発生します。

大村飛行場にはシードロームと呼ばれる海上離着水用エリアがあり、ここから離水して帰投するのが恒例となっているのです。US-2の真の姿を見ることができる航空祭なのでした。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
ミリメシが展示される松戸駐屯地の創立記念祭
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
三沢基地航空祭は航空ファンから特に人気の高い
航空祭の舞台裏がわかってしまう基地内連絡波

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。