ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防府北基地の防府航空祭はスペシャルマーキング

防府北基地の防府航空祭2016は5月22日に開催予定です。防府北基地の航空祭といえばT-7練習機のスペシャルマーキングが特徴。2015年はブルーインパルスも参加しました。さっそく、防府北基地の防府航空祭の見どころを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
防府北基地の防府航空祭はスペシャルマーキング

防府北基地のスペシャルマーキング

毎年、スペシャルマーキングを施したT-7練習機が見られるのが、防府北基地で開催される「防府航空祭」の特徴。そして、防府航空祭2016は5月22日に開催予定です。

航空自衛隊(第12飛行教育団)と陸上自衛隊(第13飛行隊)が同居するという、全国的に見ても珍しい防府北基地。T-7と陸上自衛隊のヘリ、OH-6DとUH-1の混合オープニングフライトや、74式戦車・高機動車の体験搭乗も行われます。

また、T-7練習機×10機による編隊航過も実施。小型のレシプロ機とはいえ、大迫力です。

防府北基地の航空祭は戦闘機が特徴

2015年の防府北基地にはブルーインパルスも参加。築城基地(福岡県)のF-2や、近くに位置する岩国基地(山口県)から米軍機のF-16が飛来して機動飛行をするなど外来機も豊富です。

防府北基地の航空祭は戦闘機が見られるのが特徴。この防府北基地航空祭のほかにも、平日ではありますが3月の卒業式に合わせて各基地からの祝賀フライトも行われます。

受信のポイントは、滑走路の長さの関係から展示飛行のほとんどはリモートによるフライバイ。過去にはホールディングエリアは航空自衛隊築城基地(福岡県)の近辺にあったため、一部のフライバイ機は進入・離脱時に「築城RDR」にコンタクトしモニターを受けていました。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
ミリメシが展示される松戸駐屯地の創立記念祭
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭
三沢基地航空祭は航空ファンから特に人気の高い
航空祭の舞台裏がわかってしまう基地内連絡波

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。