ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

霞ヶ浦駐屯地祭は自由に動いて撮影できる環境

茨城県土浦市にある陸上自衛隊・霞ヶ浦駐屯地は例年、5月中旬に駐屯地祭を開催しています。そして、2016年の霞ヶ浦駐屯地祭は6月5日に開催が決定しました。霞ヶ浦駐屯地は航空学校霞ヶ浦校が置かれているため、陸上自衛隊のほとんどの保有機が配備されているのが特徴です。



スポンサーリンク
霞ヶ浦駐屯地祭は自由に動いて撮影できる環境

霞ヶ浦駐屯地は自由に動いて撮影可能

陸上自衛隊の霞ヶ浦駐屯地祭では、過去にCH-47Jがトラックをつり上げるデモ、UH-60JAがジープをつり上げるデモを実施。OH-6Dによる模擬不時着などという展示も披露されています。

航空学校霞ヶ浦校が置かれているため、EC-225LPを除く陸上自衛隊のほとんどの保有機が配備されているのが霞ヶ浦駐屯地の特徴です。撮影環境としては、グラウンドで行われるため自由に動いて撮影できます。

過去の霞ヶ浦駐屯地祭開催時には、スカイホーネットを含め、参加航空機の共通波としてUHF帯の連絡波が設定され、そこで発進や進入の指示などを受信できました。なお、この周波数は予行演習でも使われています。

霞ヶ浦駐屯地祭のスカイホーネット

霞ヶ浦駐屯地祭のローVHF帯に関しては、スカイホーネットと霞ヶ浦所属機が専用波を設定。この周波数では会場内のアナウンスがリンクされていました。

また、霞ヶ浦駐屯地では誘導員や警備員の一部がハンディ型のトランシーバを使用。26MHz帯のAMモードが使用されていたようです。

なお、北宇都宮駐屯地から飛来していたスカイホーネットは、2014年にOH-6DからTH-480Bに機種変更され解散しました。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「自衛隊イベント」おすすめ記事
自衛隊イベント!後方支援部隊のオススメ基地祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント
築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭

■「自衛隊」おすすめ記事
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。