ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープを外から覗く専用スコープとは?

玄関に取り付けられているドアスコープはレンズの構造上、中か外を見るのは簡単ですが、外から中は覗けないようになっています。そんなドアスコープを外から覗けるようにする専用スコープが存在。レンズのピント調節機能も付いているので、格安ながら視認性も上々です。



スポンサーリンク
ドアスコープを外から覗く専用スコープ

ドアスコープから室内を確認できる

例えば、長期間自宅を不在にしていて帰宅する時に、あらかじめ家の中に誰か侵入していないか確認できれば安心です。

そんなときに利用したいのが玄関ドアについているドアスコープ。とはいえ、レンズの構造上、中から外を見ることはできますが、外から中をのぞくことはできません。

そこで登場するのが「BN-REVERSE」です。外からドアスコープに当てると室内の様子が見える専用スコープ。室内に異常がないかを確認できます。

ピッタリとドアスコープに当てる

ドアスコープ用スコープは、サイズは30W×32H×81Dで、重さは60gでし。実勢価格は10,076円となっています。

実際にドアスコープで試してみると、室内に人がいるのが確認できました。本体をピッタリとドアスコープに当てるのがコツです。

本体真ん中のツマミを回してピント調節も可能。格安ながら視認性はなかなかのものです。くれぐれも覗くドアスコープは自宅だけにしましょう。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「ドアスコープ」おすすめ記事
ドアスコープに工事不要でカメラを取り付ける
ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認

■「ドア」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
補助錠を自分で増設してダブルロックで防犯対策
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事