ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ACアダプタ型の超小型カメラのレンズはどこ?

社内にさりげなく超小型カメラを設置したいなら、ACアダプタ擬装型カメラ「RE-12IP」がオススメ。超小型カメラ内蔵をACアダプトをコンセントに挿すとカメラが作動し、専用アプリで操作します。IP機能とWi-Fi機能を備えており、スマホやタブレットからリアルタイムでオフィス内の確認や撮影が可能です。


スポンサーリンク
ACアダプタ型の超小型カメラのレンズはどこ?

超小型カメラのレンズは本体下部

超小型カメラのレンズは本体の下部に仕込まれています。AVアダプタの極性を表すマークの中心がレンズです。パッと見では気づかれないでしょう。フルHD画質なので、ターゲットの顔はもちろん手元の資料なども鮮明に撮影できます。

実際に、ACアダプタに仕込まれた超小型カメラをIP機能で遠隔操作してみましょう。まずは無料アプリ「PV Cam Viewer」をApp StoreもしくはGooglePlayで入手してインストールします。

アプリを導入したら「デバイス管理」をタップしてください。「+」をタップし、本体裏面に表記してある「カメラID」「パスワード」を入力。ACアダプタをコンセントに挿し、スマホの設定で「Wi-Fi」をオンにして本機を選択します。

超小型カメラの電源はAC100V

ここでパスワードを入力するとアプリの「デバイス管理」に登録が完了。Wi-Fiにつながると、ACアダプタの右から2番目のランプがオレンジ色に点灯します。

「デバイス管理」で右側の記号をタップして「セットアップ」→「Wi-Fi設定」で「Internet Wi-Fi」をオン。Wi-FiルータのSSIDやパスワードを入力して「操作成功」の文字が出ればネットに接続できます。

ACアダプタに仕込まれた超小型カメラの主なスペックは、動画解像度が最大1920×1080ドットで、最低被写体照度が0.1ルクス。記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)で、電源はAC100Vです。サイズ/重さは52W×63H×60Dmm/115g。実勢価格は43,200円となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事